読書

先日から・・・3冊本を読みました。

1冊は「差別と日本人」野中宏務、辛淑玉著

すごく色々私なりの感想がある。思いがある。でも、うまく書けないし伝えれない・・・・誤解されるのも嫌なので、機会があったらこういう話も一緒に語ろう・・・

2冊目は「怒らない事」・・・・仏教法話

これは、いまいち期待とは違った本で、仏教で言う「怒」という感情がどれほど醜い、愚かな感情か・・・みたいな感じの本。

3冊目は「新・陽転思考」・・・和田裕美

和田さんの本は好き。分かり易く書かれてるし、和田さんの進んでる道を尊敬してる。だからこそ、和田さんの本を読むたび共感する部分も多い。ストンと心に入ってくる。

ポジティブシンキングって+思考・・・すべて肯定・・・いいことしか言わないというような考えに対して、陽転思考はネガティブな面を受け入れて其の中から+を探して切り替える。という物。

いい事が沢山書いてあったので、少し紹介します。

「自分は駄目だ。世間が駄目だ。社会が駄目だ。否定ばかりしていて何が生まれますか?否定からは否定しか生まれません。

陽転すると「否定」が「反省」になって「反省」が「気付き」になって「気付き」が「学びと経験」になって一歩前に進んで行く事ができます。」

陽転思考は、目の前の事実から「よかった」を探す。失敗しても、それは「経験」であり知識に繋がって強くなり・・財産になる。失敗して落ち込んでも、そこから陽転思考・・・切り替える。そういう部分では私も無意識に出来ている部分かなと思う。

「よく、人に嫉妬してはいけないとか言いますが、嫉妬、競争、勝ち負け、愚痴、後悔、・・・すべてバネになります。その人の成長の素になります。人生のどこかの時点で、これは絶対に必要なときがあるのです」

「脳科学者の茂木一郎先生がおっしゃっていた事なのですが、人間形成において両親から影響を受けるのはだいたい全体の20%で残りの80%は両親以外、出会った人によるそうです」

もし、そうならば、私は本当に良い人達に出会い成長出来る環境だったのかも知れない。人には恵まれている・・・これからも学べる環境にあると思う。

「コンプレックスがあってよかった。受け入れて陽転する」

残念ながら・・・これは私には難しい・・・・無理だ・・・と思う。でも、その難しい・無理と言う感情から陽転思考で良かったを探すとしたら、これからの課題が出来て、本を読んだ甲斐があり、良かったと思う。

無意識に・・・私は多少なりとも「陽転思考」をしながら生きていたんだと思う。自己中な私は、ある意味、自分に良い方を選択しながら生きているから、この陽転思考がしやすいかも。

皆さんも・・・常に何か考えた時、「良かった」に結びつくまで思考を展開して、前に進んで欲しい。きっと気持ちが楽になるし、自分自身が成長できるから♪

以上〜最近、読んだ本でした。

| | コメント (8)

三つの人格

ある本に、三つの人格の話があった。この三つの人格を上手く操れる人ほど、駆け引きを有利に導く事ができると言う話。

人間はある状況や集合体の中でこの三つの人格を流動的に使い分けているという。例えば、道を歩いていて、すぐ近くで子供が転んだ。この時「助けてあげたい」と思うのが{親の心}、「自分で起きるまで見守ってやろう」と思うのが{大人の心}、特に何も考えずに、ただ「あ~転んだな」と思うのが{子供の心}であるらしい。

ビジネスや交渉の場では通常{大人の心}が現われる。提示された材料や条件を客観的に分析し、判断する。車を購入する場合なら、性能や他車との比較、サービスや値段を比較し、「この値段なら買おう」などと決めて行く。

ところが、お客はいつも{大人の心}だけで交渉に臨むとは限らない。すぐにムキになる人がセールスマンから、どうせお金が無いからこのランクの車は無理。と感じるような言葉を言われ、子供の心が顔を出し、馬鹿にするな!これぐらい買うことが出来る!と予定していたワンランク上の車を購入したり、ノルマがあって今月あと一台契約をどうしても結ばないと・・・と泣き付かれ親の心が出てきて同情から契約書に印鑑を押す人もいるはずである。

例題が車の売買だったけど、人と人の交渉の中で子供の心や親の心、大人の心が顔を出す。こうした人の心を引き出すのが上手い人。見極めるのが上手い人。操るのが上手い人。駆け引き上手・・・・少し、人間的にはいやらしいかも知れないが、ある意味、私は尊敬する。聞き上手・・・話し上手・・・どちらも兼ね揃えていると言う事でもある気がする。

ビジネスにおいても、親子に置いても、夫婦に置いても、恋人同士で置いても、相手は「人間」心を持つ「人」である以上、相手の心理を見極める事は重要だと思う。まぁ、そんな事ばかり考えてると疑い深い人間になってしまいそうだけどね。

| | コメント (8)

マリと子犬の物語

今日、午前中子供達を連れて図書館へ行った。

子供達が数冊本を借りて自宅に帰って来た。その一冊に
「マリと子犬の物語」があった。友人親子がこの映画を見て号泣した。

さっそく私も読んで見た。

感動した。本を読んで涙が出たのは本当に久しぶりだった。
マリが生きていて良かった・・・・てっきり死んでしまった話だと勘違いしていた。本を読んで良かった。

息子が読む短い絵本や数分で読める娘の童話等・・・妙に感動したりする事がある。「何」を作者が伝えたいのかを分からない子供達でも心にはちゃんと「何か」が残っている気がする。

本を読む事。

大事な時間だと思う。が・・・・・今の私はユーキャンの通信講座の参考書を読む事が必要(汗)進まない・・・と言うか、頭に入らない・・・・
そんなこんなで予定より遅れてます。そして、偶然今年の9月試験日が小学校運動会の翌日になっており運動会雨天の場合は重なります。役員だし・・・尚更休む訳にもいかないので、試験を延期し1月に受験しよう~と考えてます!あ~~~丁度良かった(笑)

| | コメント (4)

読書ネタ

「あなたの天職がわかる16の性格」

友人から借りた本ですが・・・・・大変興味深い本でした♪
簡単な質問から人を16に分類し分析する。ちなみに私はタイプ13!!この歳になると、あえて分類して貰わなくてもだいだい「自分」を知ってるが。。。。長所を読めば嬉しくなるし、短所を読めばハッとする。。。単純な私。

ここにタイプ13に書かれていた事をすべて記入したいが、抜粋して記入しようと思う。

「性格」

長所・・・このタイプの人は人間が大好きだ。人への思いやりが深く、人との付き合いを大切にする。そしていつも人の事を気遣っている。人生全般をあたたかいまなざしで見ており、常に万物と自分がつながっているように感じている。自分の理想や価値観を大切にするため、尊敬する人には誠意を尽くし、大義名分に忠実で組織の一員として真面目に働く。活気に満ち熱意にあふれ責任感強く、良心的で忍耐強い。(略)

短所・・・人に同情しすぎたり感情移入をしすぎたりする傾向があるため、つい人が抱えている問題に深入りし、干渉しすぎてしまう。ときには、それだけのエネルギーと時間をそそぐ価値のないものに関わりすぎてしまう。そして物事が上手く行かないとがっくり肩を落とし、意気消沈する。人に期待しすぎて幻滅するときもある。こうした失意が重なると自分は感謝されていない評価されていないと感じ、引きこもってしまう。だから、自分に限界があることを認めると同時に、自分が気に掛けている人間にもまた限界がある事を受け入れよう。自分にも他人にも高望みするのをやめ、現実的な予測をたてよう。(略)

「仕事」

長所・・・コミュニュケーションとプレゼンテーション能力に秀でている。リーダーシップ。人から協力を得る熱意と才能。(略)さまざまな事に興味を持ち、すぐに学ぼうとする。目標を達成する。

短所・・・自分の価値観にそぐわない仕事をすることに抵抗を覚える。人間関係を理想化しがち。出世争いをしながら働くのが苦手。協力しようとせず成果も上げない人にイライラしがち。対立をさけ不快なことは見て見ぬふりをしようとする。十分な情報を集める前にあわてて決断をくだす。(略)

仕事に関する短所はすべて当ってる!!!

皆さんも是非、本屋で立ち読みしてみて下さい(笑)

| | コメント (16)

求めない・私は貝になりたい

「求めない」・・・加島祥造
(友人より借りた本)

エッセイ集?詩集?3回読み返した。。。。呪文の様に「求めない」すると○○になれる。「求めない」すると××になれる・・・そんな文が続く・・・ずーと続く・・・読んでる内に心が軽くなって洗脳させれ行く私が居た・・・

でも、半分ぐらい読んだ時・・・「求めない」事の寂しさも出てきた。求めないと言う事は求められないんじゃないのか・・・と言う寂しさ・・・・・それでも、まだ「求めない・・すると△△」の文は続いて行った・・・が、後半部分に差し当たると、少し表現の仕方、内容が変わって私の先程の感情への逃げ道が記させて居た。納得できた。

ならば・・・気持ちを入れ替え・・・・再度読み返した。

「求めない」そんな無に近い話しだけど・・・心・体・・・・頭・・・・求めるバランス。求めないバランス。難しいね・・・

「私は貝になりたい」(映画)

ちょいと・・・体調も良くなくて・・・ストレスも溜まってて・・・・先日、1人で映画を見に行きました。何でも良かったんだ・・・映画館で見る映画は洋画しか見なかった私が・・・・今回は、字幕を読むのも嫌で・・・ポ~と見れたらなぁ・・・と邦画を選んだ・・・てか、時間的な問題もかなりあったんだけど・・・・失敗したよ・・・映画の内容は見たい人居るだろうから書かないけど、凹んでいる時に見る映画じゃないね。しかも、1人で夜中に見る映画では無い(汗)帰りの車の運転・・・・妙に寂しくて・・・怖くて・・・・

スカ~~とする映画を選ぶべきだった・・・・

| | コメント (10)

ホームレス中学生

今更・・・今更ながら、読みました。

人生って何処で何が起こるか分からない。

自ら望んで開いていく人生。歩んで行く人生。

望んで無くても置かされてしまう立場や状況。

どんな場所でも、どんな状況でも私は私・・・・・ここまでの人生、そりゃ色々あった。色々あったが。。。。色々はすべて?今の私を作り上げた良いも悪いも貴重な財産。材料・・・・。

これから、どんな人生が待ってるんだろうか。。。。人生折り返し地点?って感じの私にとって、この本は、「まだ、大波、小波はやってくれでぇ~」とお知らせくれた。って感じ・・・・

平凡な人生ほど幸せな事は無い。。。とは思うものの、平凡じゃツマンナイ(汗)

| | コメント (12)

営業の本

昨年の最後の方の日記に4冊の営業に関する本(参照)の事を書いて・・・それきりになってましたが。。。。ちゃんと読んだんですよ。感想と言うか、自分なりにキチンとまとめておかないといけないナァ~と思ってます・・・4冊の本は同じ事が書かれていたりする部分もあったものの、何度も書かれている内容は、やはり和田さんが「コレ!!」と伝えたいポイントなんだなぁ~と感じたり、勉強になりました。刺激も受けました。営業が出来れば、なんの仕事でも出来る・・・・そんな気がします。営業は人間しか出来ない大切な仕事だと。。。。感じてます。が・・・・残念ながら??私は営業職では無い。。。。ただ、この営業の「術」を知ってるか知らないかでは仕事に対する構え方が大きく違ってくる気がします。

まず、その本のうちの「世界NO2セールスウーマンの売れる営業に変わる本」の中から・・・私が自分の為にまとめるので、意味が分からなかったらごめんなさい。参考になれば幸いです。

「対人対応能力」・・・・必要なYESの素
①聞く力 ②分析する力 ③問題を見つける力 ④観察する力 ⑤ボキャブラリーの力
⑥負けず嫌いであること ⑦決断する力 ⑧表情の力 ⑨気持ちの伝わる表現 ⑩相手がどうでありたいかに気づく想像力

営業の本なんだけど、これって人間として備えておくべき「力」だと・・・思う。どんな相手に対しても、こういう気持ちで接していれば相手は自分を認めてくれる。信じてくれる。心を開いてくれる。必要だと感じてくれる・・・・そして自分自身も相手に誤解無く自分を伝えられる。。。本当に難しい事なんだけどね。自然に出来てる人も居るし。。。。これは、努力するっていう部分も必要なんだけど人間としての普段の生き方も影響してくると思う。そこの部分に対しても高める六つの条件が書かれていた。

①礼儀正しい人であれ ②謙虚な人であれ ③優しい人であれ ④熱心で前向きであれ ⑤伝えることに自信のある人であれ ⑥信用される人であれ

繰り返し繰り返し、ここの部分が書かれている所は読もうと思う。忘れそうになったら何度でも・・・・目を通して、脳に叩きこんで。。。心と体で動き出せたら最高だと思う。

誰にでもある5つの財産
①時間 ②エネルギー ③集中力 ④技術(経験やスキル) ⑤想像力

誰もが共通して与えられている財産。。。これを有効に活用しているのか???と聞かれれば、言い訳をして無駄にしている気がする。「有効に使うんだ」という気持ちが大切。

箇条書きだけど。。。。これらの事が(その他も)詳細に分かりやすく書かれていた。その分かりやすくもポイントだよね。和田さんってすごい方なのに、私でも理解できるように書いてある・・・出来る人って、相手に合わせる事が出来る人。。。私の中での出来る人の定義が1つ増えた。 

| | コメント (7)

今更ですが・・・

ブックオフに娘の用事で行った・・・

なんとなく、最近はエッセイものが多かったので、久しぶりに、小説を読みたくなった。でも、図書館ならともかく、、、、いくら安くても面白くないのは困る。。。。と思いながら、本を見ていると。。。。。

「冬のソナタ」に目が留まった。あれだけ騒がれていたのに、私は全く興味が無く「ドロドロの恋愛物」と言う事と「ヨン様出演」ぐらいの知識しかなく。。。久しぶりに恋愛物もいいかぁ~と思い・・・1冊105円。上下で210円!!!!購入~~~

で、読み出したら止まらない。止まらない・・・3日で読み終えました。

この本・・・・内容の感想の前に、構成がすばらしい。本の世界。ドラマの世界に引きづり込まれる・・・・現実・過去・現実・過去・・・ハラハラドキドキ・・

何で?と疑問に思いながら読んで、あ~だからか!!と思えたり・・・この感情でしょ~と思っても、そうだったんだぁ~と思えたり・・・非常に書き方が素晴らしい。。。

内容・・・・この、恋愛の展開は「ドラマだよ」と言いたくなるが、すっかり主人公の気分を味わって読んでました(汗)でも、私はここまで優柔不断?では無い。恋愛において、オカシクなると言うか、自分を抑えられない感情と言うものは、すごく伝わった。そして理解も出来た。甘酸っぱい過去?!を思い出させてくれた。イヤイヤ。。。甘酸っぱいなんて可愛いものじゃ無くて・・・ドロドロした過去?一生懸命恋した過去を思い出させてくれた。

この年になると?少なくとも私は、恋と愛の違いを知ってるつもり。。。。

で、で、で、、、、、上手く言葉にならないが・・・・

「いらん事は考えずに、家族を大事にしましょう」

そうそう、妻であり母である。。。でも、女でもある。コレまた厄介(笑)

とにかく「冬のソナタ」ホンマに良かった。だから、友達の家に持っていった。無理矢理、置いてきた。   

| | コメント (6)

挨拶

「しあわせ家族の魔法の言葉」(葉 祥明)

誕生日に、この本を思わぬ人から頂いた。

普段、何気なく使っている挨拶。

おはよう・いってきます・ありがとう・こんにちは・おねがい・いただきます・・・・・などなど・・

どれ程、心を込めて普段使用しているのか。。。。挨拶しないのは問題外!挨拶していてもキチンと理解して心を込めているかが問題! 心を込めて使用すれば「魔法の言葉」になる大切な挨拶。。。。我が家も挨拶は大事にしている。子供達にもキチンと教えているつもり・・・・でも、心の部分・・・伝わりきれてない。ただ、挨拶しなさい~こう言う時は何て言うの~そういう教え方。すこしづつ、挨拶の心を伝えていこうと思う。これを伝えるのは言葉でなく、心・態度で伝えようと思う。

余談だけど、(いつも余談だね)園に子供を送って行った時、「お願いしま~す」と先生に言うと「ハイ!いってらっしゃい」と言ってくれる先生が数人いらっしゃる。最初は照れくさかった。よく考えたら。。。。「いってらっしゃい」は言う立場ばかりで、言って貰う事は子供時代しか無かったように思う。高校時代から学校へ行くときでも「いってらっしゃい」は言って貰う事はほとんど無く、結婚しても旦那・子供がほとんど先なので、言う立場。そんな中、何十年ぶり?に私に「いってらっしゃい~」と言って下さる先生になんとなく甘えたい様な、キュンと胸にくるなんとも言えない気持ちにさせられる。さぁ~今から仕事に行くぞ~頑張ろう!そんな気持ちにさせられる。。。それを味わってから、旦那・子供達に「いってらっしゃい」を笑顔で言ってあげられるようにしている。

この本は、きっとこう言う気持ちを多くの人に気がつかせる為の本なんだと思う。

一家に1冊。。。繰り返し家族で読める本。。。。

素敵な本をありがとう・・・

| | コメント (2)

バッテリー

夕方、仕事が終わってから息子を預けて娘と娘友達と3人で映画へ行った。春休みに入る前に娘と「見れたらいいね~」と楽しみにしていた映画。水曜日はレディースデー1000円。子供も割引券あるし・・・春休み最後の水曜日・・・・今日しかない!!

~感想~

感動した・・・子供に付き合って見ていたはずが、1番感動して泣いていたのは私。自分の年を忘れ・・・昔味わった?熱い気持ちがよみがえった。友情・・・・絆・・・・チーム・・・スポーツを通して人間関係を学ぶ。自己を成長させる。必要な事。子供の頃、私自身も経験した。映画を通して子供に何処まで伝わったかは分からないが、親としてだけでは無く、1人の人間として今の子供達に伝えたいメッセージ・・・・沢山あった。同じ目標に向かって共に力を合わせ取り組む事が出来るのは貴重な体験・・・・得るものが必ずある。熱いものがある。味わいたい・・・・個人ではなく・・・チームで・・・・何かスポーツ始めようか・・・・5月まではバタバタなので、様子を見よう・・・・(すぐ、影響される私。冷静に・・・)家族の愛も中に含まれていたが、我が子にはまだ理解不可能・・・子供と映画を見ると、1・自分自身の感想。2・子供目線で映画がどうなのかの感想(こう言う思いで見ていて欲しい・・・など)3・子ども自身の感想。の3つが出てくるが、3つとも共通するのは正直簡単なようで難しい。こう言う時に、子供の心を読み取るチャンスなのかもしれない。

| | コメント (4)